profile

search this site.

categories

archives

薪ストーブについて

燃焼方式について
薪・燃料について
プランと施行について
薪ストーブ・火の付け方
薪割斧について
煙突の重要性
メンテナンスについて
煙突掃除のご案内
交換・リフォームについて
薪ストーブ設置までの流れ

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

ちょっと変わった薪のはなし

薪といえば
かし、なら、くぬぎ、けやき、さくら
などが直ぐに思いつきますが

にっき(桂皮または肉桂)の木をご存知ですか?
すごくいい香りです。

生木の時は柑橘系の甘い香りに感じましたが
ちょっと乾いたものの皮をけずると
ニッキの香り。分かりやすく例えるとシナモンのような香りがします。

敷地には今日も原木が届きました。
たまにこんな変わり種があるから面白い。

巷で話題のアップルウォッチ
高くて買えないのでiPhoneでそれ風に。^^;



今日は天井うらで屋根抜き瓦処理。頭がボサボサなのでそろそろ帰ります。

P.S.
フランシスの薪ストーブレシピページ鋭意作成中です。

 

スポンサーサイト

  • 2017.10.09 Monday
  • -
  • 19:16
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
ニッキのみの現場に通ったことがありますよ!
匂いはいいですが、割るのが非常に大変でした(><)
2年前の玉がまだ残ってます。
  • よし
  • 2015/04/30 7:51 PM
ニッキの木は生木だとすごく甘い香りがいいですよね。
二年前の玉でも削るといい香りがしそうですね。皮を削ってストーブの上においたら芳香剤になりそう。^^;
  • フランシー
  • 2015/05/03 8:57 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック