profile

search this site.

categories

archives

薪ストーブについて

燃焼方式について
薪・燃料について
プランと施行について
薪ストーブ・火の付け方
薪割斧について
煙突の重要性
メンテナンスについて
煙突掃除のご案内
交換・リフォームについて
薪ストーブ設置までの流れ

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

薪割り機のエンジン

休日出勤の佐々木です。^^;

本日は柏で煙突掃除からのお留守番。

今日の空撮はこれ

東京湾の向こう側での工事です。

さて、表題の薪割り機のエンジンについて

というか、薪割り機(エンジン式)ってどうやって薪を割るのだろうか?

エンジンの回転をどうやってピストンの力に???

油圧ポンプという装置がエンジンの回転を動力にオイルを送り出す仕事をします。

なるほど。

で、エンジンが動かないとオイルが送れないので動かないということです。

なんでこんな事書いているのかというと・・・・

お客様の薪割り機が、何故かエンジンが掛からない。

プラグを見るとビショビショ。どうやらかぶっているようだ

プラグを綺麗に拭いて再度スタート。

エンジンがかかるがすぐにエンスト。

当然プラグは濡れている > 燃料のオーバーフロー?

燃料ポンプとキャブレターの分解清掃

再度スタートするも改善なし・・・・。ということはオーバーフローじゃないのかぁ・・・・

ヘッドカバーを外してみるとやたらガソリン臭が・・・

ヘッドからキャブに戻るパイプを外してエンジンをかけると驚くほど吹き出る汚れたオイル?いやガソリン?

なんだこりゃ?

オイルのレベラーはずして・・・・ドバドバって、おいおいなんでこんなに溢れでるの  ^^;

もしかするとオイルパンに何かしらの原因でガソリンが流れ込んだ?

オイルを全部抜き取り新しいオイルを規定量入れて再度スタート

これでエンジンも回るはず・・・・

しかし、なんどやってもかからない。( ;∀;)ナンデヤネン   ガスケツデシタ orz

ガソリン入れて気を取り直して再始動

ばっちり安定して動きました。

しかし、ピストンが動かない。ポンプは回ってオイルは圧送しているようなのでレバー周辺の故障かなぁ・・・

後日再挑戦です。とほほ

ついでにお店の薪割り機もオイル交換しました。真っ黒けで粘度もなくなっていたので頃合いでした。

皆さんもたまにはオイル変えてあげてくださいね。

ではまた。

5/4 5/6は私が事務所におりますので、なにかご相談事あればお気軽にご来店くださいませ。

 

スポンサーサイト

  • 2019.08.12 Monday
  • -
  • 18:14
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック